八千代ロータリークラブの紹介

会長挨拶 八千代ロータリークラブ 第52代会長 齊藤 昌宏

『奉仕と会員との交流を楽しもう』

2018_yakuin1私は、52代会長を引き受けるにあたり、先輩方が行ってきたいろいろな奉仕活動を一会員として見たり、経験したりしてきたことを基に、自分に何ができるのかを考えてみました。その結果、私には、自分の事業を誠実に展開していくことで良き社会人としての責務を果たすこと、また、ロータリアンとして職業奉仕を基盤とした各奉仕の実践こそがロータリアンとしての責務を完遂することだと思いました。

そして、私の会長としての任務期間に何ができるのかと考えたとき、今できるのは、八千代中央ロータリークラブと合同で行っている、小学生を対象とした『夢先生』しかないと思いました。そこで『夢先生』を実行している会員に連絡を取り、3月31日までに申請書の作成並びに合同開催を行っている八千代中央ロータリークラブの了承を得たうえで、八千代ロータリークラブの理事会に提案をし、準備を進めていくことをお願いしました。準備期間が短く、3月31日の2790地区補助金の申請書提出期限に間に合うか心配ではありましたが、会員から早速八千代中央ロータリークラブとコンタクトを取り、間に合うように頑張っていきましょうとの言葉をいただいたことから、現在申請書を作成してもらっております。このように期限ぎりぎりになってしまったのは、私がロータリー財団の補助金制度を理解できておらず、2月10日に開催されたロータリー財団補助金管理セミナーに参加した際に、初めて申請書の提出が3月31日であることを知ったためです。会長ノミニーの時にもこの制度の説明がなされており、この時に理解していれば『夢先生』だけではなく、大学生、大学院生の留学奨学金の申請を行いたかったと思っています。しかし、今からでは対象学生を募集し選択を行ったうえで大学の入学許可証を提出することまで行うことは困難であり、また、ロータリーの事業は単年度制であることから次年度へ引き継ぐこともできないので、今回は留学奨学金については諦めることにしました。

『夢先生』のプロジェクトについて説明すると、八千代市内の小学5年生を対象とし、通常学級と特別支援学級合同1クラス約40名に2時限(90分)分を活用して夢先生が授業を行います。夢先生には日本サッカー協会が窓口になり、各界、主としてスポーツ界を代表する元選手約1,000人が自主的に参加しています。内容としては、サッカーなどスポーツを教えることではなく、夢先生が目標を持って頑張ったが何回も挫折をした経験をもとに、その折々に目指す目標(夢)を諦めないで努力すること、仲間を大事にすることなどを体験を通して熱く伝えていき、このように夢があるから強くなることを子供たちは学んでいきます。特別支援学級の児童もみんなとおなじように夢を持って自主的な行動をとっていけるように支援していくプロジェクトです。更に、仲間を大事にすることから、いじめ、自殺、引きこもり、無気力といった子供たちを取り巻く問題の軽減に効果が期待できるとおもっています。

また、現在、当クラブでは交換留学生の制度を利用し当クラブの会員のご子息であります田村一真君がイタリアに留学しており、交換学生として、イタリア シチリアからフェルディナンド君が当クラブに来ております。私の年度においても交換留学生プログラムを利用し、交換留学生の申請をしたいと考えています。交換留学に限らず若いうちに外国に学ぶことはその人にとって大きな影響を与えることができると思っています。私も20歳の時、建築を学ぶ学生として、1か月間イギリス、デンマーク、ドイツ、スイス、イタリア、スペイン、フランスと廻り日本の木の文化とヨーロッパの石の文化の違いを肌で感じることができました。空から見たロンドンの街並み、教会の彫刻、アントニオ・ガウディの建物に衝撃を受けたのを今でも思い出します。若いときの経験は、その人にとって掛け替えの無い物になると思うからです。もっとも今は1ドル100円台ですが、当時は1ドル360円の時代でしたので親には大変迷惑を掛けたと思います。
ロータリークラブにこのような制度があるのは喜ばしいことです。私はこの交換留学生のプログラム制度を推進していくことは相互交流を旨とするロータリアンとして必要なことと思っております。

又、八千代ロータリークラブにおいても、会員との交流を楽しむことを第一とし、通常の例会の他に、毎年行われている、月見の会、職場訪問、家族とのクリスマスパーティー、親睦旅行に加え、アルコールの入った夜間例会の実施、また、例会ではありませんが親睦ゴルフについてもできるだけ行っていくなど会員との交流を楽しみたいと思っています。
会員の皆様のご支援、ご協力を賜ります様よろしくお願い致します。

幹事挨拶 八千代ロータリークラブ 第52代幹事 安宅 照男

2018_yakuin2この度、歴史と伝統のある八千代ロータリークラブの第52代幹事を仰せつかることになり、大変光栄で有りますと共に責任の重大さを強く感じております。
齊藤会長の元、まだまだ未熟な私に役割を果たす事が出来るのか不安ですが、引き受けたからには、当クラブのお役に立てるよう精一杯努めて参りたいと思います。
皆様のご指導ご協力をお願い致します。
今年度、齊藤会長のテーマは 「奉仕と会員との交流を楽しもう」としました。
当クラブ会員の親睦交流は勿論の事ですが、他クラブとの合同夜間例会等開催で有意義な交流の場が持てるよう機会を設け、例会の流れを変えながら、活動し続ける事の意義を考えて実現していきたいと思っております。
それが、今年度バリー・ラシンRI会長テーマ「インスピレーションになろう」です。「前向きな変化を生み出し、直面する課題に勇気と希望、創造性をもち、正面から立ち向かう意欲をクラブから引き出す事」と鼓舞しています。
交流を深めると共に視野を広め、目を養い、心を豊かにし当クラブを活性化させる原動力になる事と信じております。
私自身ロータリークラブに入会し、8年を過ぎましたがまだロータリーの歴史は奥が深く、何年たっても熟知することができません。微力ながら一つ一つの諸行事を積み重ねとし、皆様とのコミュニケーションをより深めていきたい所存です。共にクラブの発展を祈念し、より一層のご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

kako_aisatsu

八千代ロータリークラブ概要

クラブ History

クラブ名 八千代ロータリークラブ 2790地区 No.15070
区域限界 千葉県八千代市
創立 1967年5月12日
RI正式加入 1967年6月19日
認証状伝達式 1968年4月21日
スポンサークラブ 習志野ロータリークラブ
会長 橋本 幹雄(2017年-2018年)7/1~6/30
幹事 三井 啓久
例会場 〒276-0049 八千代市緑が丘1-1-1 公園都市プラザ1F
リストランテ・パッソノビータ
事務局 リストランテ・パッソノビータ内 八千代ロータリークラブ
TEL 047-459-5806
FAX 047-450-0050
E-Mail yachiyo.r.c@yachiyo-rc.com
例会日時 毎週金曜日 12:30~13:30
会員数 51名(2017年7月1日現在)

例会場・事務局へのアクセス